×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

タバコを止めるにはちょっとした意志が必要

タバコが止められない人へ

 タバコを止めたいと思っている方。止めましょう。
「そんなの言われなくても分かってる!」と思って方もいるのでしょうね。

 でも分かってないですよね、止めてないんだから。

 タバコの依存症って、言うほど強いものではありません。
 これは比べてはならないものかもしれませんが、覚せい剤など、芸能人の間でも問題になっているようなものは、タバコとは比にならないほど、止める事が難しいものです。

 タバコの体内ニコチンは2、3日で消えてしまうといます。
それを過ぎると、後は、口淋しさだけ。言うほどの中毒作用ってないんです。

 たばこも止められないような人間が「成功してやる!」なんて息巻いても、まあ上手くはいかないでしょうね、意志が弱いんだから。

 じゃあここで、たばこを止めた経験者として、少し止めるコツをお教えします。
 別に見たくない方は見ないで下さいね。

たばこの止め方

・まず、止める日を決める。

 止める日を決めたら、その日までは普通に吸います。
でも、その日が来たら、たばこがまだ残っていても必ず、「ハサミで残っているタバコを半分に切ります」

 止めると決めたんだから、そんなの当たり前です。

・そしたら、家にある灰皿やライターをみんな処分しましょう。
車の灰皿も綺麗に洗って、使いづらくしましょう。

 とりあえず、たばこの吸いたくなる環境を無くします。

 ここまでが第一段階です。

・周りの人、同僚、家族に「止めた」宣言をする

 これ大事です。
これをすることで、自分の気持ちを通しやすくなります。

 よく、やめたって宣言すると「じゃあタバコあげるよ」なんて誘惑もありますが、それを断りやすくするのも、「宣言」があるから。

 ただでさえ、やめてすぐは吸いたいんだから、今止めてるんだからって宣言をしてないと、(一本くらい良いか・・・)ってなっちゃいます。

・止める前までに1mgの低いタバコに変える

 タバコのニコチン依存症って、ニコチン度合いで変わります。
毎日強いニコチンを吸っていると、それだけ止めて数日の反動が大きいです。

 まあこれは、程度の問題で、意志が弱い方には止めやすい方法って程度の思って下さい。

 最後に、2週間も我慢すれば、自分1人のときの、吸いたい感はほぼなくなります。
 あとは、他の人が吸っているのを見たときの誘惑だけ。

 まあ、2週間も経てば、今思っているより全然誘惑に強くなっています。
 だって体からニコチンは抜けていますからね、既に。

いろいろ書いても、止めるのは自分

 ここまでいろいろ書いてみましたが、結局止めるのは自分。
 そして止められない意志の弱さも自分。

 正直なところ、こんなこと人に教わる事でも何でもありません。
 自分でこんな事書いていて、ちょっとばかばかしい・・と感じていました。

 だって、止めるのは本人で、止めるとなったらきっぱり止めれば良いんです。
 そこに難しさも何も無い。ちょっと我慢すれば良い訳です。

 どちらかと言えば、アルコール中毒の方が依存度は高いでしょうね。止めるの大変だと思います。

 まあ、タバコは百害あって一利も無いものです。

 基本、止めるにこした事は無いですね。

ページのトップへ戻る